satoko.me

あけましておめでとうございます。
今年も何卒よろしくおねがいします。

何ねぼけてんだアンタもう2月だよ…とお叱りもございましょうが(主にもう1人の自分から)2月にそんな寝ぼけた挨拶をしてみたくて。
いや、これまでのわたしは新年!と言えばそりゃもう力入ってた。
入り過ぎてた。
「今年こそはやるぞ!」みたいな。うざいのよ。
こそは!って去年一年何してたんじゃいって話ですよ。
そんな鼻息荒く乗り込んでこられても。って思うじゃない。(誰)

なのであえて今年は「のんべんだらり」「力まずに」新年を迎えようと、普通の月末とほぼ変わらない心持ちで2011年に足を踏み入れました。
あ、踏むつもりなかったけど線踏んでたね。ていうか線から出ちゃったね、ぐらいの軽いニュアンスで。

すると、どうでしょう。
何か調子が良い。
何がってことはないが何かとコトが上手く運ぶ。
新年のこの時期は家族全員、体調を崩しがちだけど今年はまだ誰も風邪1つひかない。

というわけで何事も力み過ぎは良くないよね、というたまたまだか何だか知らないが早くも2011年の教訓を得ました。
とはいえ、お正月は毎年恒例の行事を満喫しました。
実家でおせち、一族が集まりスキヤキ、記念写真、その晩甥っ子たちがほんのりホームシックになりつつ一泊、トンカツ先生宅で豪華ディナー。
そして新年の目標決め。


実家でのヒトコマ↑(おせちを撮った流れで父を撮影したのでおかしなことになってる母の図)

今年がスペシャルだったのは、盟友トンカツ先生がおかあさんになった!ということ。
高校時代からみてきた友が、病気などを乗り越えて無事に出産してこどもを抱いている。というのはなんだかじんわりと見応えがある。
どこの方言か知らないが、ありがたいこってす。と言いたくなる。
ふくふくとした可愛らしい赤さんを抱っこさせてもらって眼福。
そしたら隣でゴロリと横になる巨大なベビー…じゃなかったレン氏。
3年前に寝ていたクーハンがこんなにも窮屈でたまらんけれど、顔を紅潮させてレンも嬉しそうだった。

今年もこんな感じでまいります。
踊ったり踊らされたりいたします。
どうぞよろしくおねがいします。