satoko.me


3歳1ヶ月になったレンのこと。
この年頃の子は成長差や性格の差が著しいから、一概にそうとは言えないんだけど「わかってんだかわかってないんだか」ということがよくある。
特にレンは言葉がのんびりだった上に無口な性格らしく「打てば響く」というようなことはあまりない。
例えばわたしが夕飯の準備を始めるので「しばらく遊んでてね」と言ってもニヤニヤして後ろをついてきたり、かと思ったら自分から服を脱いでお尻をぺたんぺたんと叩きながら裸踊りを始めたりする。
まず、大人にはないリアクションである。
でも時には難しい顔をして座りこみ、静かに1時間近く絵本を読んでたりする(といっても「こどもずかん」だけど)ので分かってないこともないんだろうと思う。でも「ふざけてやらないだけなのか」「わからないからやらないだけなのか」の差がいまいちよくわからない。
かと思うと今まで口にしたこともない野菜や果物の名前をスルスルと言い当てたりもする。

たぶんマイペースな彼は今ちょうど「赤ちゃん」と「こども」の間にいるのだと思う。
その針が行ったり来たりして、いつか「こども」の方向を差すのだろう。
今まさに、変わろうとしている瞬間に立ち会っている!と考えると「行かないで…」という気持ちと「早く大きくなれよ!」というアンビバレンツな葛藤にしばしクラクラしたりする。

人の感情にすこしずつ敏感になってきた。
病院の待合室で、レンと同い年くらいの泣いている女の子がいたら
「どうしたの?泣かないで…」となぐさめるのだ。棒読みだけど。
わたしがTVドラマなんかを観て泣いていると
「だいじょうぶよ…」と言って抱きしめに来たりもする。
えらい優しいな!と感心していると、自分よりも小さな男の子のおもちゃを取り上げて悦に入るような(今までは取られる専門だったのに)ジャイアン的一面を見せる事もあり、いちいち驚かされる。
そしてそんな男児のハハとしてどういう対応が正しいのかいつもおろおろしてしまう。
なるべく笑ってたいと思う。
それでも大声で叱ったりすることもある。
転んでケガをしても絶対に泣かないので、わたしに怒られた時も直前までは我慢して平然とした顔を保っている。が、突然、堤防が崩れたようにぶわっ!と瞳から涙がぽろぽろと溢れたかと思うと顔をクシャクシャにしてヒ〜ンと、か細い声で泣く。
涙をひとつぶ、目の端からぽろっと流したままニカッと笑うこともある。
そうするとわたしは心の中で「うわ!ごめん…」と、うろたえてしまう。

かと思うと、わたしに怒られた日の夜、こちらに背中をむけて無言でじっとしているので
「え?もしかして泣いてる…?」と焦って顔をのぞきこむと
ハナクソをほじり、しかもそれをもぐもぐ食べていたりする。
そのうえこちらを見てほほえみ「チューする?」などと言う。
ご勘弁願いたい。

そんな男児のハハとしてどういう対応が正しいのかいつもおろおろしてしまう。
でも、なるべく笑ってたいと思う。